妊娠中に飲むをお勧めしないワケ

無理な食事制限をすることなく体重増加を防ぐことができるサプリメント、キュートミー。

 

しかし誰でも飲んだらいいわけではなく、実は特定の条件に該当する人にはあまりお勧めしていません。

 

その1つが「妊娠中」もしくは「授乳中」の女性。

 

妊娠している時に食事制限をすると、胎内にいる赤ちゃんに影響を及ぼす危険性があるため、こうしたサプリメントを使って体重が増えるのを抑えたい・・・と考える人もいるかと思いますが、実はそれによって思わぬリスクが発生する可能性があるのです。

 

ここでは妊娠中の女性がキュートミーを使うのを控えたほうがいい理由について言及していきます。

キュートミーが妊娠中にお勧めしないワケ

なぜ妊娠中はキュートミーを飲むのを控えたほうがいいのか?

 

その最大の理由は胎児への影響です。

 

ご存知の通り、お腹にいる赤ちゃんはお母さんからへその緒を通して栄養を吸収して育っていきます。

 

そしてその栄養はお母さんが口にしたものに関係してくるわけですが、この時キュートミーを飲めば当然その中の成分も赤ちゃんが栄養としてくみ取ってしまうわけです。

 

キュートミーの成分は基本的に体に影響が出ないものを使っているものの、胎児に影響が出ない保証はされていません。

 

つまり、妊娠中に飲むことによって胎児に何かしらの影響が出る可能性があるのです。

 

もちろん確率的に言えばかなり小さい数字ではあるものの、ゼロでない以上こうしたものを飲まないほうが赤ちゃんのためでもありますので、妊娠中は飲まないほうがいいでしょう。

 

それに、実は妊娠中というのは赤ちゃんが栄養を吸収してくれるため、太りにくくなっています。

 

よほど過食したら話は別ですが、今まで通りの食生活をすれば激太りすることはありませんので、妊娠中くらいはダイエットのことは考えなくてもいいと思います。

キュートミーを飲んでもいいタイミング

妊娠中や授乳中にキュートミーを飲まないほうがいいわけですが、ではどのくらいのタイミングで再開できるのか?

 

一番良いのは赤ちゃんが乳離れすれば問題ありません。

 

赤ちゃんが自分の体から栄養を吸収することをしなければ、キュートミーの成分が赤ちゃんに渡ることはないですからね。

 

それに、授乳期間が終わってすぐの時期というのは、太ってしまう可能性が高いです。

 

出産や育児で疲れていますし、今までは食べても赤ちゃんと栄養を共有していましたが、乳離れすれば摂取した栄養は全て自分1人のものになってしまいます。

 

また、子育てなどでストレスがたまり、それが原因で過食に走ってしまうことだって考えられます。

 

そんな状態で食事制限や運動をするのなんて無理ですよね?

 

妊娠中にはお勧めしませんが、授乳期間が過ぎたお母さんにキュートミーは強い味方となるはずです。

 

成分や口コミなどを見ても、飲み方さえ間違えなければ効果を実感することができると思いますので、しんどい思いをしないでダイエットしたいのであれば、しばらく使ってみてはいかがでしょう。

 

 

 

≫キュートミーの口コミをチェックしてみる